Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

夏の思い出:ドラクエの旅

7月下旬、ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー 埼玉公演を観てきました。



2016年7月まとめ

7月のゲームメーター
クリアしたゲームの数:1本
プレイ中のゲームの数:1本

▼クリアしたゲーム
セブンスドラゴン2020-II
クリア日:07月04日
感想:
前作との大きな違いはないものの、相変わらず遊びやすく、戦闘はほどよく手ごたえがあって面白かったです。
前作とは違うパーティにしようと思い、今回はデストロイヤー・サイキック・アイドルでプレイ。
デストロイヤーは癖があるものの一撃の威力が大きいし、サイキックは属性攻撃が強いし、アイドルは回復からサポートまで使えるし…
と、戦闘スタイルに変化をつけることができ、かつプレイしやすかったです。
クリアまでの総プレイ時間は65時間8分、レベルは全員72でした。
今作もクリア後要素には手をつけていないので、暇を見てプレイできたらいいなと考えています。



▼プレイ中のゲーム
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

日本一ソフトウェアさん初のダンジョンRPGです。
他のダンジョンRPGにはない独特なルールが多くありますが、そこも楽しんでプレイしています。
最近1日のゲームプレイ時間が短くなっているうえに、その時間のほとんどをアイテム集めに費やしているので、なかなかストーリーが進みません。
今は中盤を過ぎた辺りだと思うので、なるべくサクサクと進めて行きたいです。



以上、7月のゲーム記録でした。
今月も外出が多かったのですが、ゲームに費やす時間も少しずつ増えてきました。
8月中旬には夏休みもあるので、もっとたくさんプレイしたいと思います。



2016年6月まとめ

6月のゲームメーター
クリアしたゲームの数:1本
プレイ中のゲームの数:1本
欲しいゲームの数:1本

▼クリアしたゲーム
セブンスドラゴン
クリア日:06月12日
感想:
プレイ中の感想でも言いましたが、無印版で不便だなと思った点がほぼ改善されていて、遊びやすいRPGになっていました。
一番嬉しかったのは、フィールド上のフロワロに触れてもダメージを受けなくなったことですね。おかげでスムーズに進めるようになりました。
戦闘は前作と同じく、オーソドックスなコマンド式。雑魚戦でもなかなか手ごたえがあり、適当に戦っていると結構全滅します。
ですが全滅してもリトライが容易で戦闘開始時にすぐ戻れるので、余程無茶なことをしなければ詰まることは無いと思います。
スキルも豊富で、どの職業も攻撃系だけではなく防御・回復のスキルがあるので、育成の自由度が高くなっています。
私は、サムライ・トリックスター・ハッカーの三人でプレイ。回復スキルは少ないものの、ハッカーの強化スキルでサムライとトリックスターの火力を上げて一気に叩く、というスタイルでプレイしました。
クリアまでの総プレイ時間は38時間33分、レベルは全員62でした。
全ドラゴンを倒し、クエストも全てクリアしたので、あとは余裕のある時にクリア後ダンジョンを攻略しようかなと思います。



▼プレイ中のゲーム
セブンスドラゴン2020-II
2020クリア後、続編であるこちらを続けてプレイしています。
前作とあまり大きな変化はありませんが、パーティ編成をガラッと変えたので、戦闘スタイルにも変化があって新鮮です。
今回も、全ドラゴン打倒を目標にがんばります。


▼欲しいゲーム
新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿
オリジナル版をプレイしようか迷っていた頃、このバージョンアップ版が発売されると知り、待っていました。
現在積みゲーもまだたくさんあるので発売日に買うかはわかりませんが、いずれ購入すると思います。


以上、6月のゲームメーターでした。
色々なことが落ち着いてきたので、ゲームのプレイ頻度が高くなりました。
いくつか新しいゲームも購入したので、どんどんプレイしていきたいです。



2016年5月まとめ

5月のゲームメーター
クリアしたゲームの数:1本
プレイ中のゲームの数:1本


▼クリアしたゲーム
聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-
クリア日:05月14日

感想:
オリジナルのGB版は未プレイ、今回が初プレイでした。
アクションRPGですが、操作の難易度は低め。サクサクと敵を蹴散らしていけるので爽快感があります。
使える武器は6種類あり、戦闘での使い分けはもちろん、ダンジョン攻略にも関わってくるのが面白かったです。
ストーリー展開は、全体的にあっさりしているものの出会いと別れの連続で、FC時代のFF(特にII)に通ずるものがあるなと思いました。
ラストは意外な展開でしたが、印象に残るいいエンディングだったと思います。
今回プレイしたことで聖剣シリーズを本格的にプレイしたくなったので、続編のリメイクを密かに希望しています…



▼プレイ中のゲーム
セブンスドラゴン2020

以前(2009年)に無印版をプレイしましたが、無印版で不便だと感じた点が改善されているので、とても遊びやすいです。
それでいて戦闘は手応えがあります。
なるべくすべてのドラゴンを倒したいので、クリアにはまだ時間がかかりそうです。


以上、5月のゲームまとめでした。
今月は他の趣味に時間を使うことが多く、ゲームに費やす時間が少なくなってしまいました。
ゲームも大事な趣味のひとつなので、来月はもっとゲームの時間も増やしたいです。


2016年4月まとめ

4月のゲームメーター
クリアしたゲームの数:3本
プレイ中のゲームの数:1本

▼クリアしたゲーム
信長の野望・創造 戦国立志伝
クリア日:04月02日
感想:
あまり深く考えずに軽くプレイしていたため、史実とはまったく異なる展開になった今回のプレイ。
今年の大河主人公である、真田幸村で武将プレイ開始。
のんびりと領地を発展させつつ手柄を上げる→引き抜きの誘いを受け、あっさり徳川方に寝返る→豊臣家滅亡→籾井城城代に任命される→大阪城城主になる→徳川の領地を拡大→政策として「惣無事令」(公の戦以外の私闘を禁じるという平和令)を選択できるようになる→1627年11月、惣無事令を発し、戦乱の世が終わる。
初回はこんな感じで成り行き任せで適当にプレイしてしまいましたが、なんとかクリアできました。
システム的にはほぼ「見てるだけ」になることが多いですが、早送り機能があるので中だるみはしなかったです。
でもまだ、ああすれば良かったこうすれば良かったと思うところもあるので、またプレイしたいです。
次回は来年の大河主人公の井伊直虎がいいな、と密かに考えています。


サクラ大戦1&2
クリア日:04月17日
感想:
10年前のゲームということでシステム的に今プレイするのは辛いかなと敬遠していたんですが、今年はシリーズ10周年、良い機会だからプレイしてみよう、と思いました。
実際プレイしてみたら…これがまあ、すごく面白い!古いゲームだからといって馬鹿にしていて申し訳ありませんでした…
戦闘パートはさすがに不便なところもありましたが、アドベンチャーパートは今プレイしてもすごく面白かったです。
程よい恋愛感で、シリアスと笑いのバランスもちょうど良いと思いました。
1も2も、ヒロインに選んだのはさくら。やっぱり初回は王道でプレイしたかったので。
他のキャラもとても魅力的なので、今後も繰り返し、長くプレイしていきたいゲームです。


チャイルド オブ ライト スペシャルエディション
クリア日:04月23日
感想:
海外製のゲームですが、プレイした感覚としては、日本の昔懐かしいRPGに近いものを感じました。
ストーリーも世界観も王道ファンタジー、それもおとぎ話のような雰囲気ですね。
台詞回しも独特ですが、それもおとぎ話らしい味があって好きです。
戦闘は半アクティブタイムバトルという感じで、画面下部に表示されたバーの中ほどに到達したキャラは行動を選択(その間タイムラインは止まる)、その後バーの右端まで到達すると実際にアクションを起こします。
行動選択から実行までの間に攻撃を受けると行動がキャンセルされ、また行動選択出来るまで待つことになるので、適度な緊張感がありました。
もちろん敵の行動をキャンセルすることも出来るので、戦略性もあります。
難点は、セーブがプレイヤーの任意ではなくオートセーブなところですね。頻繁にセーブされるのは良いんですが、やっぱり自分のタイミングでセーブさせてほしかったです。
ですが全体的にとても丁寧に作られたゲームだと思いますし、水彩画のような幻想的で美しい背景の中を旅するのはとても心地が良かったです。



▼プレイ中のゲーム
聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝

今回が初プレイとなる聖剣伝説。
元がゲームボーイなだけあって全体的にシンプルなゲームですが、サクサク進められて楽しいです。
タイトルにFF外伝と表記されている通り、随所にFFっぽさを感じます。FF好きとしては嬉しいです。



以上、4月のゲームまとめでした。
今月は積みゲー消化を重視していたため、サクッとプレイ出来そうなゲームを選び、クリアしました。
そして珍しく、購入したゲームは無し。
まあ、他の趣味を始めて、ゲームの優先順位が少し下がったからでもありますが…それについては近いうちに記事に出来たらいいなと思います。