3Dダンジョンというと | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

3Dダンジョンというと

まず思い浮かべるのはWizardryだと思うんですが……

私が初めてプレイした3DダンジョンRPGは、「Missing Word」でした。
これは当時使っていたワープロに付属していたもので、呪文を使用する際に文字を打ち込むという、要はタイピング練習用ソフトです。

これがおまけとしてついていたゲームにしてはしっかりした作りで、当時小学生だった私は苦労しながらも黙々とダンジョンに潜り、クリアまで楽しみました。

その後初代ペルソナや世界樹の迷宮II以外には3Dダンジョンとは縁がなかったのです。
(ちなみにWizardryは、SFCで遊んでいた頃にゲームショップでパッケージを見て、買うかどうか迷っていた思い出があります。結局買わずにここまで来てしまいましたが……)


そして。
前置きが長くなりましたが……


「エルミナージュDS REMIX」を買いました。
ずっと気になっていたのにどこも品薄で、それじゃ余計に欲しくなるよ!と我慢が出来なくなったので、購入しました。

購入して正解でした。

Wizardryライクなゲームは初体験なのでシステム面で戸惑うこともありますが、自由度の高さやちまちまとキャラクターを強くしていく感覚は、とても好きです。
とりあえずは細かい事を気にせずプレイしようと思います。

今は最初のイベントをクリアしたので、レベル上げをしながら次はどこに行こうかと考えているところです。

メインパーティは戦士、侍、盗賊、巫、魔術師、僧侶です。
侍以外全員女性になってしまいましたがハーレムという訳ではなく、強い女性に囲まれた侍が肩身の狭い思いをしている感じ。
そんな侍ですが序盤で兜割りの刀を入手出来たので、なかなかいい働きをしてくれています。

第二パーティも作りましたし、とりあえず一通り育てたり転職したりしながら、バランスのいいパーティにしていこうと思います。


クエストもいろいろ用意されているようですし、じっくり遊べそうです。