DQ9:記録1 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

DQ9:記録1

ドラクエ楽しんでます。
仲間を作るところまで進みました。

以下、ネタバレありです。


序盤はゲームの導入部分なので、特に謎という謎もなく進みます。

主人公はウォルロ村というところの守護天使で、人を助け、感謝の心「星のオーラ」を集めるのが仕事。
天使界にある世界樹へ星のオーラを捧げると女神の果実が実り、天への道が開かれる……とまあ、この辺りは事前に少しわかっていたことですね。

そしてかなり早い段階で女神の果実が実ったので、え、もう?と思ったんですが……天へ向かう列車、「天の箱舟」が登場して間もなく大破。
主人公は衝撃でどこかへ飛ばされてしまいました。

たどり着いた先は、自分が守護していたウォルロ村。
天使の輪も翼も失い、人間として暮らすことに。
リッカという女性の家でお世話になっているようです。

そこで日々、村長のダメ息子・ニードの無茶に付き合ったり、遭難したルイーダを助けたり、リッカの独立の後押しをしたりしながら、次の街、セントシュタインまで来ました。

途中で噂のギャル妖精、サンディも出てきまして。
どうやら彼女は天の箱舟の運転士らしいです。
似合わない……そして今はただの記録係です(でもこのサンディ、私は割と好きですよ)

大破した天の箱舟は地上に落ちているのですが、壊れていて動きません。
星のオーラを光らせて神の気を引く(そして何とかしてもらう)ために、人の多いセントシュタインへ行こう!とサンディに提案されたのでとりあえず来たんですけど……
私が素直に本編を進めるわけがない。

セントシュタインでリッカの宿屋イベントを済ませて、パーティキャラを登録して、寄り道開始。
とりあえずフィールドを歩き回ってみます。

橋を越えると敵の強さが増すのであまり無理は出来ませんが、順調にレベル上げとお金稼ぎをしています。

パーティメンバーは旅芸人(主人公の初期職業)、旅芸人、魔法使い、僧侶です。
旅芸人二人になってしまいましたが、いずれ主人公を戦士に転職させるつもりなので当面はこれで進めていきます。

適度にレベルが上がって装備が整ったら、本来の目的に戻ります。
次は黒騎士討伐をするようです。