2018年6月〜9月まとめ | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

2018年6月〜9月まとめ

6月〜9月までにプレイしたゲームの感想まとめです。

■レイジングループ(Nintendo Switch)
クリア日:6月26日
感想:
「人狼ゲーム」を題材にしたテキストアドベンチャー。
まずはスマホの体験版をやってみて、面白かったのでSwitch版プレイ開始。
登場人物もストーリーも癖が強いので、序盤で合わないと感じる人もいるかもしれません(私も最初は主人公が苦手でした)。
でも読み進めていって、人狼ゲーム開始後の心理戦が始まる辺りから、続きが気になってどんどんのめり込んでいきました。
一度エンディングを見てもそれで解決とはならず、真エンディングにたどり着くまでにいろんなルートを繰り返しプレイすることになります。
ルートによって主人公の立ち位置が変わり、雰囲気がガラリと変わるのが面白いです。
全ルート、真エンディング、おまけシナリオまで堪能しました。
伝奇ものとしてもミステリーとしても楽しめたので、またこういうアドベンチャーをプレイしたいです。


■聖剣伝説2(Nintendo Switch)
クリア日:7月22日
■聖剣伝説3(Nintendo Switch)
クリア日:8月19日
感想:
以前Vitaで1作目のリメイクをプレイしたので、いつか2と3もプレイしたいと考えていました。
ですが私、子供の頃に2をプレイした時に、操作が良くわからなくて序盤で挫折したので、少し不安でした。
決定がBボタン、攻撃がYボタンというのが他のゲームにはあまり無い設定で、そこでつまずいたんですね。
今となっては、コンフィグでボタンの配置を変えれば済むことだとわかるんですが。
今回は最後までプレイできました。

ゲーム性はシンプル、ストーリーは王道ですが、今プレイしても十分面白いです。各場面を盛り上げるBGMも良かったです。

続いて3。
3は完全に初プレイですが、2よりも操作性などの面で遊びやすいと感じました。
主人公、仲間、成長の仕方など、プレイヤーが自由に選べるのが良かったです。
あと、個人的には聖剣伝説レジェンドオブマナが好きなので、それとなんとなく雰囲気が似ているところも好きでした。

リースを主人公にして、仲間をデュランとシャルロットに。
物理で押し切る感じのパーティでしたが、特に行き詰ることも無くクリアできました。
クラスチェンジや武器入手などのやり込みも楽しめました。


■返校(Nintendo Switch)
クリア日:8月19日
感想:
インディーズで評価が高く、ずっと気になっていたこのゲーム。
Switch購入後の良いタイミングでSwitch版が配信されたので、プレイしてみました。
端的に言えば、異界化した学校から脱出する謎解きホラーアドベンチャー。
びっくりする要素はあまりないのに、雰囲気や演出が不気味で、本当に怖いです。
でも怖いのは最初だけ。
終盤、主人公に関する真実が明らかになってくると、物悲しい感じになってきます。
台湾のとある歴史的事件を背景としたストーリーで、全体的に重めですが、結末が気になって一気にプレイしてしまいました。
謎解きの難易度はそれほど高くなく、隅々まで探索していればちゃんと解けるので、変に行き詰ることのない良いバランスだと思います。
クリアまで3時間程度と短いながらも密度が濃く、エンディングを見終えてからもいろいろと考察したくなるゲームでした。


■百花百狼(PlayStation Vita)
クリア日:8月28日
感想:
このメーカーさんの乙女ゲームは今までプレイしたことがなかったんですが、忍者ものが好きなのと、好きな声優さんが出演していたのでプレイしてみました。
伊賀と甲賀という忍たちの歴史的な出来事がベースになっていますが、ファンタジー要素がわりと強め。
あまり期待せずに始めたものの、ストーリーもキャラも良く、全ルート楽しめました。

トロフィーもコンプしました。
ストーリーは個別ルートに入ってからのボリューム十分、かつ中だるみしない適度な長さで、乙女ゲームとしての甘さも程よくあります。
キャラクターはみんな魅力的ですが、最推しは半蔵。声優さんの声込みで好きです。


■牧場物語 3つの里の大切な友だち(3DS)
クリア日:9月29日
感想:
最後にプレイしたのが「はじまりの大地」だったため、操作性が格段に上がっていてプレイしやすかったです。
特に畑で、1マスずつではなく一区画(3×3マス)ごとに一気に水やりなどの作業を出来るのが快適すぎて、もう過去作には戻れないと思うほど。
今回はタイトルにもある通り3つの里が存在しますが、里同士の関係がとても良好で安心できます。
ゲームとはいえ、やっぱりいがみ合っているより仲良くしている方がいいですよね。
全体的にほのぼのとしたイベントが多いのも良かったです。
男主人公でプレイ開始し、牧場生活を頑張りつつ住人との交流も欠かさず、父親からの課題をクリアした後、リシェットと結婚。
これで一旦終了ですが、牧場物語はエンディングを迎えてからもまだやり込めるので、全ての里の友好度を最大にする等挑戦してみようかなと思います。



コメント
コメントする