ゲームアワード:2016 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

ゲームアワード:2016

ゲームアワード2016です。
一応ランキングは決めてあとは記事を作るだけだったんですが、2016年のうちにアップできそうもなく一度は断念しました。
でもやっぱりやりたい!ということで、盛大に遅刻しましたが開催します。

まずはルールの確認(元のルールをアレンジしています)

●2016年中にクリアしたゲームのランキング
●新作旧作は問わず
●ゲーム1本につき一言、思い出、感想等のコメントを記入
●ランキングは1〜5位、1〜10位 等、自由
●「マルチメディア賞」としてゲーム以外の何かあればご自由に
●ブログにかぎらずTwitter投稿でもOK!
記事のアップは12月31日頃。


結果は追記にて。


○5位・不思議のダンジョン 風来のシレン5
シレンシリーズ初プレイ。
もっと敷居の高いゲームかと思っていましたが、案外シンプルなシステムと、ダンジョン探索の楽しさと難しさのバランスがちょうど良く、プレイしやすかったです。
何より、ひたすらダンジョンに潜っているだけで楽しい。こういう中毒性の高いゲームが大好きです。

○4位・ルフランの地下迷宮と魔女の旅団
日本一ソフトウェアさんが初めて手がけるダンジョンRPGということで、きっととんでもないやり込みがあるんだろうな…と期待と不安半々な気持ちでプレイ開始。
従来のダンジョンRPGにはない独自ルールが多く、最初はとっつきにくい印象がありましたが、慣れればいつものダンジョンRPGと変わらない感覚でプレイできます。
ストーリーに関してはそこまで期待していなかったんですが、謎めいた展開からのあのエンディングは、演出も含め、とても良かったです。

○3位・どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー
どうぶつの森から派生した、家作りゲーム。
感覚としては、同社のガールズモードに近いなと感じました。
お客様の要望を聞き、それに合う最適なものを提示する。基本はそれだけ。
ですが、家具の種類が豊富で見ているだけでも楽しいですし、凝った内装を作れた時はすごく嬉しいし達成感があります。
どうぶつの森おなじみのキャラクター達も可愛かったです。

○2位・100万トンのバラバラ
敵戦艦をひたすら切って小さくしていくゲームです。
ステージが進むにつれ、敵が多く配置されたり切りにくい材質の戦艦が出てきたりと難易度が上がっていきますが、一回のプレイが短時間で終わることもあり、リトライも苦になりませんでした。
上手く立ち回れた時の達成感と、一気にたくさん切り落とせた時の爽快感は、このゲームならではだと思います。
操作性もゲーム性もシンプル。だからこそ中毒性があって面白い、という自分の好みにぴったりなゲームでした。

○1位・ドラゴンクエストビルダーズ
ドラクエ+オープンワールド+タワーディフェンス、という印象のあるこのゲーム。
ブロックを集めて、積んで、町を作っていくだけのゲームですが、ほどよい自由度でプレイしやすかったです。
どんな町を作っていくかはプレイヤー次第ですが、ゲーム側から次の目標を提示してくれるので、自由すぎて次に何をすればいいのか迷うということが起こりにくくなっています。
各ステージの最後に待ち受けるボスとの戦いは本格的なアクションゲームのようで手ごたえがあります。
そして個人的には、町の住人とちゃんとコミュニケーションが取れるところが、一人じゃないと感じられて良かったです。



○マルチメディア賞

・刀剣乱舞 花丸
10月〜12月に放映されたこのアニメ。
原作はプレイしていないものの知ってはいましたし、友人にもプレイを勧められたことがありましたが、そこまで興味が無かった…はずなのに、気づけばすっかりはまっていました。
今では日々の生活の中心にまでなっています。
ゲーム原作のアニメは好き嫌いが分かれると思いますが、私の場合は予備知識がないのがかえって良かったのかもしれません。
いずれはゲームも、と思いつつ、できればアプリ以外でプレイしたい…


以上、2016年のゲームアワードはこんな感じでした。
2016年はゲーム以外にもいろいろ充実しすぎていてゲームプレイの時間が大幅に減った気がしますが、クリアした本数自体は20本と、昨年までとあまり変わらず。
2017年も細々とやっていきます。


コメント
コメントする