ゲーム感想まとめ:2015年1月〜6月 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

ゲーム感想まとめ:2015年1月〜6月

じっくり遊ぶゲームの合間に、さくっとプレイしたゲームや再プレイしたゲームの感想をまとめました。
2015年1月から6月までの記録です。

○私立ジャスティス学園(PSゲームアーカイブス)
十年以上前にプレイしたゲームですが、無性に懐かしくなって再プレイしました。
メインはもちろん、DISC1の「熱血青春日記」。
これはオリジナルキャラを作って、テキストアドベンチャー風のストーリーを進めながらオリジナルキャラを強化していく育成モードなんですが、このアドベンチャー部分がほぼ恋愛ゲームです。
学園生活を送る中でキャラと仲良くなりエンディングを迎えると、そのキャラとの協力技が使えるようになります。
組み合わせはいろんな意味で自由です。
私はとりあえず女主人公にして、ひなたと仲良くなりつつ、エンディングは恭介エンドでした。
そしてこのオリジナルキャラを使ってアーケードモードをプレイ。
オリジナルキャラはこんな感じです。
597.jpg
598.jpg
格闘系は得意ではないですが、昔よりまともに操作出来るようになったので、楽しめました。


○ポケットファイター(PSゲームアーカイブス)
これも昔プレイしたゲームで、懐かしくなり再プレイ。
操作が簡単なので、あまり格闘ゲームをやらない人でもプレイしやすい難易度だと思います。
「いぶき」でアーケードモードをプレイしました。
簡単操作とはいえ、CPUが結構強かったです…


○ギタルマン ライブ!(PSP)
ギターメインの音楽ゲームです。
音楽ゲームも普段あまりプレイしないんですが、独特なシステムに惹かれてプレイしてみました。
音楽に合わせて◯×□△ボタンを押すところは一般的な音楽ゲームと同じですが、ボタンを押しながらアナログスティックを動かすことで音が歪みます。
ちょうど、ギターのアームを動かすような感じです。
曲はロックなものからアコースティックなものまで幅広く入っていると思います。
難易度は高いです。
特にラストステージはきつくて、最終的には譜面を無視して連打で押し切りました。
低ランクでクリアしたステージがほとんどなので、いつかもっとやりこんで高ランクにしたいと思います。


○ダマスカスギヤ 東京始戦(PS Vita)
ロボットをカスタマイズしながら敵と戦うアクションゲームです。
以前体験版を遊んで、シンプルなゲーム性とハクスラ要素が気に入り、フリープレイでの配信を機にプレイしました。
一つ一つが5〜10分ほどでクリアできるミッション制なので、ちょっとした空き時間にもプレイしやすいです。
ランクB以降は強敵も多くなってきますが、敵を倒して得た装備で自機を強化すればなんとかなるかと。
一応味方も一緒に戦ってくれますが、いつも回避行動をせずに敵の群れに突撃、すぐ戦闘不能になるのが残念でした。
ランクAのミッションを終えると、一旦クリアとなります。
クリア時の自機はこんな感じです。
599.jpg
全体的にシンプルなゲームですが、ハクスラ要素が楽しかったですし、ストーリーもシリアスありギャグありで面白かったです。


○GIRLS MODE 3 キラキラ☆コーデ(3DS)
ガールズモードシリーズ最新作です。
初代も二作目もプレイしたので、急いでプレイすることも無いかな、と思っていましたが…
従来の「セレクトショップ店長」に加え、今回は「美容師」「メイクアップアーティスト」「モデル」「デザイナー」としてもプレイできると聞いて、発売日に購入してしまいました。
プレイしてみると、やっぱり楽しいです。
グラフィックが良くなっていたり、ボタン操作に対応する等システム面が改善されていたりと、遊びやすさもアップ。
職業については、どれか一つに専念するのではなく、自由に行き来できます。
なので、ショップの仕事がひと段落したからヘアサロンに顔を出してみよう、という感じでいろんなことができるので、飽きにくくなっていると思います。
ファッションショーは今までのようなライバル達とコーデを競い合うコンテスト形式から、コーデや演出を決めて自らランウェイを歩くという形に変化。
本編ラストのショーでは登場キャラ全員のコーデを決めるのですが、みんな好みがバラバラなのでなかなか大変でした。
ちなみにこんな感じです。

この後エンディング。
そこまでのプレイデータはこちら。


クリア後もまだ続けられるので、たまに起動してはアイテム集めをしています。
全アイテム入手を目標に、気長にプレイしていこうと思います。


○魔界戦記 ディスガイア3(PS Vita)
一風変わったシミュレーションRPGとして知る人ぞ知る、ディスガイアシリーズの三作目です。
私は3で初めてこのシリーズを遊びましたが、特に問題なくプレイ出来ました。
独自のルールがいろいろあって、慣れるまではちょっと大変かもしれません。
キャラクターのレベル上限が9999だったりダメージが億単位だったりと破天荒ですが、そこが他には無い感じで面白かったです。
ストーリーも程よく熱く、楽しめました。
クリア時のデータはこちら。
600.jpg
601.jpg
602.jpg
603.jpg
604.jpg
605.jpg
606.jpg
607.jpg
あまりやり込んでいないのでプレイ時間短め、レベルもあまり上がっていません。
とりあえず4をプレイしながら後日談を進めようかなと思っていましたが、結局実現しませんでした…理由は後述します。


○魔界戦記 ディスガイア4(PS Vita)
3に続き、4もプレイ。
破天荒な部分は残しつつ、グラフィックの見易さ、プレイしやすさなど3からかなり向上しているので、もう3に戻れなくなりました…(なので3の後日談は手つかずのまま)。
出現する敵レベルや取得経験値を自分でカスタマイズしやすくなったのが、個人的には一番良かったです。レベル上げが捗ります。
ストーリーも相変わらず笑いあり感動ありで面白いと思いました。
そして主人公のヴァルバトーゼがすごく好きでした。
普通にしていればとてもかっこいいのに、口を開けばイワシのことばかり…でもそのギャップも含めて魅力的です。
クリア時のデータはこちら。
608.jpg
609.jpg
610.jpg
611.jpg
612.jpg
613.jpg
614.jpg
615.jpg
とりあえずメインだけ大幅にレベルを上げ、他はそこそこ。
クリア後少しずつレベルを上げ、今はこんな感じです。

4こそは、後日談や追加コンテンツをしっかりやりこみたいと思います。



以上、ゲーム感想まとめ2015年上半期編でした。
7月以降もいろいろプレイしたいと思います。