アークザラッド、アークザラッドII:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

アークザラッド、アークザラッドII:感想

アークザラッド1と2、クリア後の感想です。

1は過去にクリアしたので、2メインで。



○良かった所
・重いシナリオ
1、2共に「世界の危機を阻止する」という王道なテーマの元に進んでいきますが、希望に満ちたものではなく、とても重いです。
身近な人物との別れや終末を迎えつつある世界の描写は時に残酷な程ですが、印象に残るイベントが多いです。

・RPG要素の追加(2)
1では標準的なSRPGとして、各地の移動と戦闘のみでしたが、2では街で買い物をしたりダンジョンを探索したりといった、普通のRPGとしての要素が追加されています。
出来る事が色々あり、ゲームとしての面白さ、ボリュームが増して良かったと思います。

・BGM
「音と光のRPG」だけあって、BGMがどれも良作です。
中でも特に好きなのは、やっぱりオープニングの曲ですね。
勇壮でかっこいいです。


○気になったところ
・エンディング
これは1と2どちらもなんですが……
エンディングを迎えた時の達成感がありません。
まず1は、「え、ここで終わり?」というところで、未解決な部分を多く残したまま終わります。
最後に表示されるのは、「Fin」でも「The End」でもなく、「To be continue...」の文字。
続編はあってもいいと思いますが、1作目は1作目で完結して欲しかったです。
そして2。
こちらに関しては、あれだけ必死に戦ってきてこれなの?と思ってしまうほど、救いがありませんでした。
ご都合主義的に何もなかったかのように元通り、というのも嫌ですが、最後くらい少しは希望を持たせて欲しいと思いました。


最後に、クリア時のデータを。

1

プレイ時間20時間57分。
レベルは全員60。
PSでプレイした時にはやらなかった「遺跡ダンジョン」などのやり込みもしました。
そして続けて2をプレイ。

2

プレイ時間46時間23分。

レベルは、最終戦でメインアタッカーとなるトッシュのみ120まで上げました。
他は100前後。
2の方はあまりやり込んでいないので、またやる機会があれば挑戦したいと思います。