ここ掘れ!プッカ:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

ここ掘れ!プッカ:感想

ここ掘れ!プッカをクリアしました。

プッカというキャラクターが穴を掘るのを見守るというちょっと不思議なジャンルのゲームですが、楽しかったです。

詳しい感想は追記にて。


○良かったところ
・プッカの成長過程
このゲームでは、プレイヤーが直接操作をすることが出来ません。
画面内に配置されているオブジェやコマンドを指定してプッカというキャラクターに指示を出し、採掘や調査をしてもらいます。
そうして手に入る宇宙石を集めるのがこのゲームの目的です。
ゲームを始めたばかりの頃のプッカは知らない事ばかりで、宇宙石をそれとわからずに捨ててしまったり、食べ物を動物と勘違いしたりと、はっきり言って馬鹿です。
そんなプッカを根気良く導き、時に叱咤し時に甘やかし、共に色んな星を探索していきます。
正しい知識を与えていけば、中盤以降はある程度放っておいてもプッカ自身の判断でちゃんと探索出来るようになります。
その成長を見守るのが意外なほど楽しく、立派になっていくプッカが愛しいです。

・収集要素
メインアイテムである宇宙石の種類は100個以上あり、カタログも用意されているので、自然と収集しようという意欲が湧きます。
プッカの装備品や部屋の内装なども色々あり、少しずつ集めるのが楽しかったです。

・荒いポリゴンだけど可愛い
PS初期のゲームなのでグラフィックが荒いですが、キャラがデフォルメされていますし色使いがポップで可愛いので、あまり気になりません。
むしろ、ローポリゴンのレトロ感あってこその可愛さだと思います。
私は常々言っているようにドット絵派ですが、こういうポリゴンは好きです。


○気になったところ
・プッカが機嫌を損ねた時の憎たらしさ
これは不満というわけではないんですが……
普段は機嫌よく探索をしてくれるプッカですが、やる気ゲージがレッドゾーンに近づくとかなりネガティブになります。
作業の効率は落ちるし、「この仕事向いてないかもね」などと後ろ向きな発言が多くなるしで、ちょっとイラっとします(笑)
そういう時は休ませて、欲しいものを買ってあげたりなでなでしたりして元のプッカに戻ってもらいます。
ちゃんと気をつけて見ていればやる気が減る前に対処出来るので、滅多にこんなことは起こりません。
ほったらかしにしていた自分も悪かったと反省しつつ……でもやっぱり憎たらしい(笑)


最後に、クリア時のデータを。

プッカの最終ステータス、称号は採掘王子、検定は3級でした。
検定についてはもうちょっと積極的に挑戦すれば良かったなと思います。



銀河石を発見し、カタログもコンプして、とりあえず目標達成。
プッカが可愛くてのんびりプレイ出来るゲームだったので、またいつか息抜きにプレイしたいです。