GOD EATER 2:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

GOD EATER 2:感想

待ちに待ったゴッドイーターの新作!ということで期待値がかなり上がっていましたが、期待を裏切らない楽しさでした。
待った甲斐がありました。

クリア後の感想は追記にて。


○良かったところ
・ストーリー
前作から三年後の世界で、新しい物語が展開されます。
前作の雰囲気や世界観はそのままに、魅力的な新キャラクターや新たに組織された特殊舞台「ブラッド」などの要素によって、新鮮な気持ちで楽しめました。
様々なキャラクターの想いや陰謀が絡み合っていますが、難しすぎず、解りやすかったです。
世界観は前作と繋がっていますがストーリー上の繋がりは強くないため、今作から始めても問題ないと思います。

・キャラクター
新キャラがたくさん出てきますが、皆個性的かつ魅力的。
様々な悩みを抱えながらも前向きに進んでいく姿がかっこよかったです。
前作キャラも一部登場しますが、変化というか、成長を感じられました。
新キャラで好きなのはジュリウス、シエル、ハルオミ、エミールです。
前作キャラで好きなのは、相変わらずソーマです!
前作の頃から少し雰囲気が柔らかくなって、より好きになりました。

・キャラクターエピソード
メインストーリーとは別に、各キャラの様々なイベントが見られます。
メインストーリーでは見ることの出来ないキャラの側面が見られるだけではなく、新たな武器が手に入ったりキャラがスキルを習得したりと、いろいろな恩恵があるのが良かったです。

・グラフィック
前作と比較して、全体的にかなり綺麗になっています。
キャラのモデルはもちろん、背景もそうですし、文字も読みやすくなりました。

・ブラッドアーツ
新システムのブラッドアーツ。
同じ武器・同じ攻撃を使い続けることによって覚える必殺技です。
使えば使うほど強くなっていくので、気に入ると同じ武器しか使わない私には、嬉しい仕様でした。

・トロフィーの取りやすさ
Vitaを使い始めてから一年とちょっとですが、今回初めてトロフィーコンプしました(他のソフトでは達成できず放置……)
ストーリーミッションをしっかり進めつつ、適度にやり込んでいけば取得出来るので、簡単にコンプ出来ました。


○気になったところ
大きな不満点などは特にありません。
待ちに待った新作、ということで思い入れ補正がかかっていることもありますが……



最後に、今回のプレイ記録を。

まず、最終装備など。

敵の属性によって少し変わることもありますが、だいたいこんな感じ。


近接武器はロングソード、銃はブラストタイプを愛用。
というかそれしか使っていません。



ミッションの同行回数は、他のキャラに大差をつけてシエルが一番でした。
シエルを連れていると敵の残りHPがわかるので便利でした。
二番はソーマ。好きなキャラなので。


最終的なプレイ時間は128時間26分になりました。
「全てのミッションでS以上の評価を取るまで何度でもチャレンジする」というマイルールでプレイしていたため、とても時間がかかりました。


現時点で出来るミッションは全てクリアしたので、一旦プレイ終了です。
でも今後もダウンロードミッションが配信されるらしいので、まだまだ遊べそうです。