討鬼伝:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

討鬼伝:感想

「討鬼伝」ストーリークリア後の感想です。

以下、ややネタバレあり。


○良かったところ
・ストーリー
異形の「鬼」と戦う「モノノフ(鬼ノ府)」の一員となり、迫り来る災厄を阻止するために鬼を討つ、という王道ストーリー。
主人公を取り巻く人々が、みんな自分の信念をしっかり持っていて、メインストーリーは熱かったです。
戦いの合間のイベントでは、仲間のいつもとは違う一面を見ることが出来て楽しかったです。

・キャラクター
コーエーさんの歴史物に出てくるキャラは昔から美形が多い印象がありましたが、今作もやっぱりそうでした。
メインキャラ・サブキャラ・ミタマにいたるまで、美男美女はもちろん美中年までいて、非常に眼福でした!
ちなみに好きなキャラは、メインキャラでは速鳥と桜花、サブキャラではお頭の大和です。

・操作が簡単
△、□で通常攻撃、○で特殊技、Rボタンを押しながら各ボタンでミタマによる特殊能力発動。
あとは×で回避、Rでダッシュ。
基本はこんな感じなので、とてもシンプルです。
敵の攻撃パターンも覚えやすいですし、慣れれば避けるのも簡単だと思います。

・部位破壊の気持ちよさ
大型の鬼には「表層体力」と「生命力」があり、最初のうちは生命力は減りません。
まずは表層体力のゲージをゼロにするか、手や足などの各部位を破壊→鬼祓い(浄化のような感じ)すると、生命力を減らせるようになります。
そしてこの部位破壊は大型の鬼を倒す上でほぼ必須なんですが、派手なエフェクトと共に部位がはじけ飛ぶので、すごく爽快です。
全部位破壊が出来た時も達成感がありました。

・難易度
前述の簡単操作や、程よい強さの鬼など、難しすぎず簡単すぎず、ちょうど良い難易度だったと思います。
あまり詰まることなくプレイ出来ました。


○気になったところ
今回、特に気になるところがありません。
個人的に、全てが高いレベルでまとまっている良作だと思います。



最後に、クリア時のデータを。
第五章クリアまで。

プレイ時間:41時間48分
達成任務:81
所持金:53804

六〜七章をある程度プレイした後。

プレイ時間:55時間54分
達成任務:111
所持金:169141
武器は最初から最後まで槍を使っていました。

ちなみに顔はこんな感じです。


任務は、単独任務と七章終盤の「千"鬼"万来」以外はクリアしました。
あとはオンライン用の任務がだいぶ残ってます。
いずれ時間があればやりたいと思います。