ブレイブリーデフォルト:クリア後感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

ブレイブリーデフォルト:クリア後感想

ブレイブリーデフォルト、やっとクリアしました!
ゆっくりやるとは決めていたものの、寄り道しすぎてプレイ時間が大変なことに……

詳しい感想は追記にて。
以下、ネタバレや辛口な部分がありますので、閲覧される際はご注意ください。


・ストーリー
ストーリー、世界観共に王道です。
クリスタルや光の戦士、中世風の国、王様……
かつてのFFにも通じるものがあります。
時にシリアス、時にコミカルで、派手な演出はなくても、物語にぐいぐいと引き込まれました。

……だからこそ、後半(5〜8章)のストーリーが同じことの繰り返しになるのがもったいないと思います。
5章以降、1〜4章でやったメイン・サブイベントを、各章でまたやることになります。
一回二回ならまだしも、四回も続くと、強制的に周回プレイをやらされているような作業感がありました;
徐々に謎が解き明かされていく仕掛けは面白かったと思います。


・システム
戦闘はシンプルなコマンド式ですが、「ブレイブ」と「デフォルト」というシステムによって、戦略性がある戦闘になっています。
ブレイブとデフォルトについて、簡単に説明するとこんな感じです。
・ブレイブを発動するとBPを消費して、1ターンの行動回数を4回まで増やせる
・デフォルトは防御しながらBPを貯められる
・BPは3ポイントまで貯められる
・BPは3回まで前借りすることも出来る
・前借りした分はマイナスになり、ターン経過やアビリティで回復する
・マイナスを回復するまでは一切の行動が出来なくなる
……と、使いどころに悩みそうなシステムですが、突き詰めると「戦闘開始直後にブレイブを前借りして一気に片をつける」か「デフォルトで敵の攻撃に耐えつつBPを貯め、ここぞという時に発動する」かという風になります。
前者は雑魚戦、後者はボス戦で有効です。
ブレイブ使用を前提として調整されているからか、全体的に敵は強めで、一戦一戦手応えがありました。

ジョブは、FFでおなじみのものからオリジナルのものまでいろいろ、アビリティもいろいろあるので、組み合わせを考えているだけでも楽しかったです。
見た目も可愛くて、女の子のヴァルキリーや黒魔道士などの格好が好きでした。

すれちがい通信対応ですが、Wi-Fiでも擬似的なすれちがいが出来ます。
私は田舎暮らしでなかなかすれちがいが出来ないので助かりました。
しなくてもクリアに支障はありませんが、ゲームを進めるのが楽になるため、親切な仕様で良かったです。


・キャラクター
キャラ付けがしっかりしていてわかりやすいと思いました。
味方で一番好きなのはティズです。
おとなしいけど時折お兄ちゃん気質が垣間見えて、頼りになる感じで。
旅の途中で出会う人達や悪役も魅力的でした。
敵方のキャラで一番好きなのはレスター卿。見た目や設定も好きですが、声が素敵!(CV:東地さん)
アナゼルも、なんかこう……お前は乙女か!と突っ込みたくなる一面があって(アナゼルの手記を読むとわかります)、ちょっと可愛いなあと思います。


・その他
音楽がどれもいいです。
フィールドやダンジョンは神秘的だったり民族音楽っぽかったり。
そして戦闘曲は熱いです。
一番気に入ったのはワールドマップの曲ですね。
曲の転調と、マップの昼夜が入れ替わる演出が見事にリンクしていて、初めて見た時に感動しました。

あと、グラフィックに絵本のような温かさがあって好きでした。
デフォルメされたキャラも可愛いですし、一枚絵のマップも描き込まれていて、旅をするのが楽しかったです。


最後に、クリア時のデータを。
422.jpg
まず、総プレイ時間は152時間22分、キャラのLvは全員99。
ジョブLvを上げるために寄り道していた結果、こうなりました。

424.jpg
そんなわけで、全キャラ全ジョブマスターです。

423.jpg
あと、ノルエンデ村の復興も全て終わったんですが、たった10人の村人で成し遂げました。
すれちがいをする機会がないのでネトフレ招待だけで増やしていこうと思っていたんですが、途中で面倒になって、10人でやめました。
それでもスリープ機能を使えば何とかなるものですね……

その他、図鑑もコンプ出来ました。
スクエニのメンバーズサイトで確認したところ、ストーリー進行度100%になっていたので、これ以上のやり込みはしない予定です。

このブレイブリーデフォルト、少し惜しいところもありましたが、王道RPGの良さを改めて感じさせてくれた良いゲームだと思います。
いろいろと改善されてパワーアップした続編が出たら嬉しいです(現在ブラウザゲームで続編が出ていますが、出来ればコンシューマーで!)