新 絵心教室:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

新 絵心教室:感想

こっそり購入していたこのソフト。
入門レッスンを終えて、いろいろ感じたことを書いてみます。

このソフトを買った一番の理由は、パソコンで趣味のイラストを描く時の参考になるかなと思ったからです。
モノクロは好きなんですが、カラーは苦手なので……ちょっとした色塗りのコツがわかればいいなーくらいの気持ちで購入しました。

そして実際に描いてみたら……思った以上にためになりました!

以下、長くなるので追記で。


・レッスン
入門と応用があり、入門コースではデッサンの仕方・画材の使い方・塗り方などが学べます。
絵心教室で出来ることのチュートリアルも兼ねている感じですね。
手順をひとつひとつ丁寧に教えてもらえるので、先生の真似をして描いているだけで、それなりの絵が描けてしまいます。
それこそ「絵なんて学校の授業で描いたきり描いたことないよ」という人でも簡単に描けますし、レッスンを進めていけば確実に上達すると思います。
419.jpg
420.jpg
この二つは私が絵の具のミニレッスンで描いたアボカドと、パステルのレッスンで描いた麦畑ですが、我ながらそれっぽく描けたと満足しています。

応用コースでは入門で学んだことを踏まえて、さらに本格的に学べるようです。
当然入門より難しいとは思いますが、少しずつやっていきたいと思います。

・フリーペイント
フリーペイントでは自由に絵を描くことができます。
キャンバスは「荒め」「細め」「下塗り済み」から、紙は「スムース」「テクスチャ」「ラフ」から選べ、色を選ぶことの出来るものもあります。
使える画材は鉛筆、絵の具、色鉛筆、パステル。
絵の具は厚く重ねて油絵風、水で薄めて水彩風、と使い分けられますし、鉛筆やパステルは立てて描くか寝かせて描くかでタッチに違いが出ます。
画材の質感も良くて、絵の具を厚く塗った時の盛り上がった感じや、凹凸のある紙にパステルを塗った時のざらっとした感じがうまく再現されていると思います。
使い方や組み合わせ次第で色んな表現ができて、限りなく手書きに近い感覚で描けるのが楽しいです。

あらかじめ用意されているモチーフや3DSで撮った写真を上画面に表示してお手本にすることも出来ます。
余談ですが、絵心教室を始めてからというもの良い景色を見ると描きたくなるので、いつか3DSを持って、良い絵が描けそうな風景写真を撮りに行きたいです。

・ギャラリー
レッスンやフリーペイントで描いた絵をギャラリー形式で保存すると、ギャラリーに飾ることができます。
3DSの中に自分だけの美術館がある感じですね。
私は入門レッスンで描いた絵を順番に飾ってみました。

ちなみに絵はjpeg形式としてSDカードにも保存できるので、今回のようにブログ等へのアップもできます。
今後また何か描けたら、どこかにひっそりとアップしてみようかなと思います。


軽い気持ちで購入したこのソフトですが、描きたいと思った時にすぐに描ける手軽さがあり、しかもいろんなことができるので、とてもお気に入りのソフトになりました。
今後も手元に置いて、たくさん絵を描いていきたいです。