ヴィーナス&ブレイブス 〜魔女と女神と滅びの予言〜:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

ヴィーナス&ブレイブス 〜魔女と女神と滅びの予言〜:感想

ヴィーナス&ブレイブス、クリア後の感想です。

ネタバレがあるかもしれないので、追記にて。


・ストーリー
不老不死の青年ブラッドとなり、騎士団を率いて、100年に渡り滅びの預言に抗うという壮大なストーリー。
ブラッド以外の団員は普通の人間なので、100年の間には様々な出会いと別れを経験することになります。
ブラッドはその度に葛藤したり苦悩したり……
ブラッドは300年以上生きているというのに達観したところが全くなく、いつまでも青臭いです。
でもそこが人間らしくていい!
プレイヤーと一緒に泣いたり笑ったり、プレイヤー寄りの考え方をしてくれるので、すごく感情移入出来ました。

メインストーリー以外では、汎用キャラ達の活躍や出会いと別れが、それぞれのプレイヤーの物語になっているのかなと思います。
エンディングで自分の騎士団の100年を振り返ることが出来るんですが、いろんなことがあったなあ、こういういろんな人生の積み重ねが世界を作っていくんだなあ、としみじみ感じました。
他にはない感動を味わえるエンディングでした。


・システム
基本的に、マップ上に現れる魔物を倒して騎士団を強化していきます。
予測安全値というものがあり、魔物を倒せば増え、倒しきれずに年を越したり町が壊滅したりすると減り、安全値が二年連続でマイナスだとゲームオーバー。
序盤はマップが狭いので、余程怠けなければあまり苦労はしないと思います。
問題は中盤から。
魔物の出現率が増え、マップも広くなるので移動に時間がかかり、倒しきれなくて安全値がマイナスになったこともありました。
そうなるともう、どうしたらいいのかと途方に暮れます。
なんとか魔物のいるところまで行って倒しても、後から後から湧いてきますし……
でも地図をよく見て、出来るだけ多くの魔物を倒せるルートをたどって倒し続けていれば必ずプラスに挽回出来るはず!と信じて諦めずに頑張って戦い抜きました。
あと、街で噂を聞いて旗を立てて魔物の出現を抑えるのは、攻略の基本ですね。
やるとやらないとでは全然違います。

戦闘は、3列×4マスの中に7人のキャラを配置するシミュレーションタイプです。
攻撃や回復は自動で行われるので、プレイヤーがするのは戦況に応じて列を入れ替えるローテーション。
シンプルなシステムですが、職業毎の特徴を考えたうまい配置や、敵の行動パターンも考慮した適切なローテーションが出来ないと詰みます。
だからこそあれこれ考えて、自分の思い通りの強い陣形を作れるとすごく嬉しいです。

一緒に戦ってくれるキャラは、イベント加入キャラも汎用キャラも、みんないつかは騎士団を離れていきます。
どんなに強くても衰退期が来るとパラメータが下がっていくので、若い団員と交代していくことになります。
愛着のあるキャラと別れるのは辛いんですが、先のことを考えて育成しないと将来必ず苦戦するので、そこは心を鬼にしてやりました。
でもやっぱり辛いものは辛い……
救いは団員同士の子供を残せることですね。
まだあのキャラと繋がってるんだな、と感じられます。
それに子供は親より強くなるので、後々楽になります。
私は巫女が好きで最初に加入した巫女からずっと子孫を残してきていたんですが、最終章前後でやってきた巫女三姉妹がすごく強くて、ラスボスも2ターンで倒せるほど。
一人だけラスボス戦前に衰退期に入りましたが、それでも汎用キャラより強かったので、引退せずに頑張ってもらいました。
巫女以外では聖騎士と魔術師に強い子供がいて、攻撃補助役として大活躍でした。

全体的に難しいシステムで挫折しかけたことも何度もありましたが、クリアした時にはすごく達成感がありました。


・キャラクター
人間的に完璧なキャラはあまり居なかったように思います。
みんな悩んで迷って……でもやっぱりそこがいいんですよね。共感しやすい。

一番好きなのはヴィヴィです。
「好きな男といるのが幸せ」という割には、男に頼らずたくましく生きていそうな感じが好きです。
というかこのゲームに出てくる女の子は、芯が強い子が多い気がします。
みんな大好きです!

男子メンバーではやっぱりブラッドですね。
最後の方の演説はかっこよかったですし、感動しました。
あとスルギも好きですが、欲を言えばもう少しイベントがあったらなと……
もっと活躍する姿を見たかったです。


最後に、クリア時の記録を。

クリア時間:56時間17分52秒。
築いた人間関係:24…友情2、結婚22。
倒した魔物の数:397匹。

サクサク進めていけるのでゲーム内の体感時間は短かった気がするんですが、結構長くプレイしていましたね。
魔物はあと3匹倒せば400匹だったのに……惜しい!


クリア後にはやり込みモードである「ブレイブス・レジェンドモード」が出現。
こちらでは不老不死ではなく、人間として団長自身も交代しながら騎士団を運営していきます。
試しに少しだけやってみましたが、序盤から強い盗賊団に遭遇し、全滅……プレイ開始から30分足らずで騎士団が壊滅しました(笑)
なんという初見殺しな鬼畜モードか……!
本編以上の覚悟と根気が必要そうですね。
まだ私には早いと感じました。
でもいつか絶対にやりたいと思います。
その時には、もっと長く騎士団を存続させたいです!