ブレスオブファイアIII:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

ブレスオブファイアIII:感想

ブレスオブファイアIII、クリア後の感想です。

ネタバレは無いと思いますが、一応追記にします。


・ストーリー
竜族最後の生き残りである主人公・リュウの少年時代から青年時代を通して、大きな運命に巻き込まれていく物語です。
少年時代のリュウは弱く頼りないながらも、数々の苦難を必死で乗り越えて成長していきます。
青年時代は、自身の運命を知り、大きな存在に立ち向かっていくことになります。
全体的に重い話ですが、シリアスなだけでなくコミカルな場面も多く、それがうまく調和しているところが良かったです。
ちなみにシリーズ3作目ですが、前2作のストーリーとは直接繋がっていないようなので、今作だけでも楽しめました。

・システム
個人的に、ダンジョンで迷いやすいと思いました。
斜め見下ろし型の3Dダンジョンですが、視点変更が限られた範囲しか出来ないため、死角にあるアイテムや道を見逃すことが多かったです。

戦闘はオーソドックスなターン制。
「師匠」に弟子入りすることで成長タイプを変えられたりスキルを覚えたり、リュウの特殊能力「竜変身」を使いこなしたりと、戦略的に戦闘を楽しむための要素も用意されています。

ストーリーとは関係のない釣りや、妖精の街を発展させていくSLGのような寄り道要素もあります。
レベル上げの合間に息抜きとして楽しんでいましたが、時々本編を忘れて熱中していました。

・キャラクター
リュウと共に旅をする仲間たちはみんな存在感があり個性的ですが、一番好きなキャラはレイです。
飄々としていますが、意外に人情に厚く、面倒見のいいところが好きでした。
戦力的にもとても頼りになりました。
脇役も個性的なキャラが多く、一度しか登場しなかったようなキャラでも、妙に印象に残ります。


最後にクリアデータを。


プレイ時間は66:06、リュウのレベルは40、仲間の平均レベルは38くらいです。
多分、もっと速くクリアできたと思います。
前述した通りダンジョンで迷ったり、ミニゲームに熱中したりしていたのでこんなことに……
でもその分、このゲームをたっぷり楽しめました。

続けて、ブレスオブファイアIVを始めました。
ストーリーがかなり重いと聞いているので不安ですが、めげずに最後までプレイしたいと思います!