世界樹の迷宮III:記録4 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

世界樹の迷宮III:記録4

地下5階〜地下8階の記録です。
以下ネタバレあり。


結局Lv上げをしないまま、第二階層の探索を始めました。
敵は強くなりましたが、Lv20だとオートでも大丈夫な感じがします。
地下5階はF.O.Eがいるし道も入り組んでいるしで、進むのがちょっと大変ですね。

それでも少しずつ進んで行き、途中の小部屋でムロツミのカナエに会いました。
カナエは何だか浮かない顔をしています。
どうやら第二階層にトラウマがあるようです。
少し先にいたアガタによると、カナエは過去に父親と共に第二階層に来たことがあり、目の前で父親を亡くしたらしいとわかります。
心配ですが、どうしてあげることも出来ません……
カナエのことが気になりつつも、先へ進みます。

地下6階へ降りると、景色がちょっと変です。
あちこちに海流が発生しており、更に進むのが困難になっています。
F.O.Eが隊列を組んで闊歩しているところもあるので、注意しながら進んで行きます。

しばらくすると、オランピアに遭遇。
東側の通路の先に深都へ続く階段があると教えてくれます。
でも、今までそうやって先に向かったギルドは誰一人帰って来なかった、ということも聞かされ、恐る恐る先へ……

海流ゾーンを越えた先、小部屋にたどり着きました。
けれど階段はなく、行き止まりです。
改めてオランピアに話を聞くために来た道を戻ろうとすると、突如F.O.Eの群れが出現して囲まれてしまいました。
このF.O.Eは追尾型ではなくルート移動型だったので、無事に脱出出来たものの……
不信感を抱いたままオランピアの元へ戻ると、ただならぬ空気が漂っています。
今までとは違う冷たい態度で、「命惜しくば深都を目指すな」と言い残して去るオランピア。
オランピアは深都の関係者なんでしょうか。
そして敵……?

とりあえず今までのことを報告するために元老院へ。
今まで第二階層で多くの冒険者が犠牲になったのはオランピアのせいだとわかり、オランピア捕縛ミッションが発令されます。

再び樹海に入ると、地下7階でクジュラが待ち構えていました。
今後の作戦を確認し、それぞれ探索へ。
道すがら衛兵達に会いましたが、だいぶ苦戦しているようでした。

また、カナエも地下7階にいました。
相変わらず不安そうです。
そして、嫌な予感がするからアガタには古代魚の巣の場所を教えないで、と言われました。
アガタは無茶をしそうですし、確かに心配ですね……

しばらく行くと、一人の衛兵が無惨な姿で発見されます。
東には、点々と続く血の跡が……犯人は奥にいるようです。

階段を降り、地下8階へ。
移動出来る範囲が狭く、すぐに地下7階へ上がる別の階段に行き当たります。
地下7階の、F.O.Eが邪魔していて行けなかったエリアを進み、地下8階へ。
衛兵によると、オランピアまではもうすぐのようです。

準備を整えるために一度樹海を出て入り直したんですが、6階でムロツミのイベントが起こりました。
詳細は伏せますが、まさか、あんなにあっさり居なくなるとは思っていなかったです……

探索を再開し、地下8階の隠し部屋でやっとオランピアを追い詰めました。
オランピアが差し向けた古代魚をなんとか倒すと、どこからか声が響いてきます。
その天の声によると、オランピアは「深王」の僕(しもべ)らしいです。
深王というのは名前からして、深都の王ですよね。

また、天の声から「海珠」をもらいました。
これを使うと天の声の所に行けるようです。
そしてそこでは「海王ケトス」が待っている、と。
それが次のボスということですね。

オランピアが去った後、クジュラに成り行きを話し、街へ戻りました。
元老院でミッションの完了を報告すると、新たにミッションが出されます。
深都を探すことを目的としたミッションですが、そこには海王ケトスとの話し合い、場合によっては戦うことも含まれています。

というわけで、いよいよ第二階層のボスに挑むことになります。
今のLvは25ですが、さすがにまだ勝てそうにないため、しばらくLv上げです。

樹海探索の合間に大航海を進めて新しいエリアを発見したので、そちらも進めたいんですが……
第二階層をクリアしたら一気にやりたいと思います。

次の目標Lvは35くらいです。
そろそろまたLv上げがきつくなってきていますが、がんばります。