ワンド オブ フォーチュン ポータブル:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

ワンド オブ フォーチュン ポータブル:感想

ワンドオブフォーチュン、コンプ後の感想です。

以下ネタバレあり。


・ストーリー
ルート確定までは明るく、確定後は一気にシリアスな展開になりますが、どちらでもキャラの成長や恋愛過程がしっかり描かれていたと思います。
キャラのセリフも等身大で良かったです。
極端に重い話もありましたが、どのルートも最初から最後まで楽しめました。

・システム
ワンドのパラメータ上げは、もっさりした作業だと事前に聞いてはいましたが……確かにそうですね;
1日単位で進む上に、朝・登校時・朝の行動後・下校時・夜に必ず会話が入るので、どうしてもテンポが遅くなってしまうんでしょうね;
それと、こなれてくると16週を過ぎた辺りからパラメータも好感度も上がりきって、やることがなくなることもしばしば……
もう少し短くてもよかったかなと思います。

周回するには辛いシステムでしたが、なんだかんだで全員分きっちりやりました。
作業を耐えた先にたくさんの萌えがあったから、頑張れたんだと思います。

・キャラクター
プレイ前、キャラ紹介を見た段階では、好きな順はこんな感じでした。
1位:アルバロ
2位:ラギ
3位:ユリウス
4位:エスト
5位:ビラール
6位:ノエル

好きなキャラは後に残しておきたいので、好きな順とは逆、ノエルからプレイ開始。

実際にプレイしてみたら、好みではなかったキャラが案外良かったり、最萌え候補のキャラが思っていたのと違ったりして、順番は二転三転しました。
最終的には、ノエル→エスト→ユリウス→アルバロ→ラギ→ビラールの順に攻略。

プレイ後の好きな順番は、
1位:ラギ
2位:ビラール
3位:ユリウス
4位:ノエル
5位:エスト
6位:アルバロ
です。

最萌えはラギです!
素直じゃないところが大好きです!
でも気持ちを隠しきれていなくて、端から見るとすごくわかりやすくてかわいいと思います。
火トカゲになってもかわいい!
試験終盤ではかっこいいところも見せてくれましたが、最後はやっぱりかわいかったです。

ビラールは、元々見た目は好きだったんですが、性格が優しすぎて物足りない気がしていたので、早めにプレイする予定でした。
でも実際に接してみたら性格も好みに合いそうだと思い、急遽プレイ順を後の方に。
とても甘い言葉をさらっと言う人ですね……!糖度はかなり高いです。

ユリウスは、かっこよくて優しいのに、魔法のことになると人が変わるのが面白かったです。
息継ぎも忘れるくらい喋り倒します(笑)
告白シーンも、全キャラ中一番面白かったです!

ノエルはうざそうで、最初はあまり好みじゃなかったんですが、プレイしてみたら意外にも良かったです。
うざいけど、憎めないキャラです。黙っていれば美形ですし!
笑えるイベントもたくさんあって、楽しかったです。

エストはとにかくツンツンですよね……
でも本当は素直でいい子だと思うんですよ。
デレた時のエストはとてもかわいかったです!
CGコンプのおまけスチルのコメントも良かったです。

アルバロは最萌え候補だったものの、他キャラ攻略中に順番を変えました。
ちょっと意地悪なキャラが好きなので、最萌えだと思っていたんですが……途中で、これは意地悪くらいじゃ済まないかもしれない、と不安になって。
で、プレイしてみたら案の定……ラストもあまりすっきりしない……かなりひねくれたキャラですよね。
でもSっぽいところはやっぱり好きです。

一部辛口になってしまいましたが、どのキャラも好きです。



メイン6人の他、エルバート、アミィ、全属性エンディング、そしてスチルを全て見て、アルバムの達成率が100%になりました。
アイテムは埋まっていないところもありますが、私的にはこれでフルコンプです。

ワンド、想像以上に笑えて、萌えも詰まっていて、とても面白かったです。
ちょっと間を空けてから、2もプレイしたいと思います。
ファンディスクも気になっているので、出来ればそちらもプレイしておきたいです。