GOD EATER BURST:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

GOD EATER BURST:感想

2012年、初めてプレイしたソフトはゴッドイーターでした。
こういうハンティングアクションをやるのは初めてだったんですが、面白かったです!

感想は追記にて。


・ストーリー
今より未来の、「アラガミ」と呼ばれるモンスターに食い尽くされて滅びつつある世界で、アラガミと戦うゴッドイーター達の話です。

設定だけ見ると暗くて重い話に感じますが、ライトノベルのようなノリで展開されます。
なので難しい専門用語が飛び交ってプレイヤーが置き去り、ということにならず、楽しめました。
キャラクターが魅力的ですし、滅び行く世界の雰囲気も好きです。

・システム
基本的にはミッションを受け、その合間にイベントがあるという構成です。
ミッションではひたすら敵を倒すのみ。
何度も同じ敵と戦うことになりますが、最後まで飽きずにプレイ出来ました。

そこまでモチベーションを保てた理由のひとつとして、「装備の合成・強化システム」があります。
アラガミを倒して得た素材を使用して、既存の装備を強化したり、新しい装備を作ったりすることが出来ます。
これが、アイテム作成の出来るゲームが好きな私にとって、とても良かったです。

新しい素材を手に入れる度になにか作れないかチェックし、足りない素材があれば過去のミッションを何度もやりました。
そうして出来た強い装備でミッションを進め、また新しい素材を入手し、新しい装備を……という感じで、かなり熱中しました。

・戦闘
「チーム連携型ハイスピードハンティング」というだけあって、アクションはとてもスピード感があって爽快です。
連続で攻撃を叩き込んで、敵が怯んだりダウンしたりするとすごく気分が良いです。

また、マルチプレイに対応していますが、シングルプレイでもNPCを最大3人同行させて、擬似マルチプレイとして遊ぶことが出来ます。
なので、通信環境が無い、周りにプレイしている人がいない、等の理由でマルチプレイが出来なくても、問題なく楽しめるのが良かったです。

・キャラクター
先に言い訳をしておきます……キャラクター全体の感想ではなく、ある一人のキャラについてのみ語ります。

個性的なキャラクターが多いなか、私が一番好きなのはソーマです。
ただ単に好きというより、正直萌えました!
見た目も性格も声も、全てがツボでした。

ソーマはストーリー上かなり重要なキャラなので出番も多いんですが、最初はとにかく、寄るな・触るな・関わるな、という冷たい態度で接してきます。
それが後半、あるキャラとの出会いと交流を経て態度が軟化してきます。

戦闘時のボイスにもそれは反映されていて、たとえば敵との遭遇時……
前半は「足を引っ張るなよ」と言っていたのが、後半は「背中は任せる」になるんですよ!
私、ソーマに信頼されてる!と無駄にテンションが上がりました。

それだけ好きなキャラなので、ミッションへの同行回数は当然一番です。
ほぼ毎回一緒だったので、同行回数250回でした。
ちなみに次点はブレンダンの159回。
ブレンダンも堅物なところが好きです。
でも一番は絶対ソーマ!

一般ゲーでここまで萌えたキャラは久々で、とても楽しかったです。



最後に、クリア時のデータを。

ゴッドイーターバーストは、難易度1〜6までで一度エンディングを迎え、その後の難易度7〜10までは追加ストーリーとなります。
難易度6までのプレイ時間は50時間ほどでしたが、最終的には98時間43分でした。
思った以上に長く遊べます。

難易度10クリア後にチャレンジミッションが出現したり、ダウンロードコンテンツでミッションが追加されたりと、本当に盛りだくさんです。
私は難易度1〜10までのミッションは全部クリア出来たので、とりあえず終了です。


年内にはゴッドイーター2の発売も予定されていますね。
今回とても楽しめたので、2もプレイしたいと思っています。
新キャラ、新武器、新アラガミ、新フィールドと、追加要素がたくさんあって楽しみです。