俺の屍を越えてゆけ:記録1 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

俺の屍を越えてゆけ:記録1

昨日から「俺の屍を越えてゆけ」(以下、俺屍)のプレイを始めました。
PSPのリメイク版です。
オリジナル版が発売されたのは1999年、12年も前なんですね。
オリジナル版は夢中になってプレイしたんですが、今回のリメイク版もかなりやり込む気でいます。
ゲームの基本はほとんど変わりありませんが、オリジナル版での不満点が解消されていたり追加要素があったりと、また新たな気持ちでプレイすることが出来そうです。

俺屍についてはプレイ後に感想を書くのではなく、進行状況を少しずつ記録していこうと思います。
今回はゲーム序盤の記録です。

詳細は追記にて。


まずは自分の分身となるキャラクターの詳細を入力するところから始まります。
オリジナル版では主人公の名前はプレイヤーの本名を入力することを推奨していましたが、今回は通信要素があるので、偽名の方がいいと思います。
まあ私は通信はしないと思いますが……
主人公の名前は「櫻井 葉月」(さくらい はづき)、性別は男性です。

サブタイトルはこうなりました。

「櫻井家の矜持」。かっこいいですね。

一族の衣装の色はこれにしました。

黒―桜です。
苗字から連想して選びました。

最初の子供の親は、ささらノお焔を選択。
あとは少し説明を聞いて、いよいよ自分の一族の物語が始まります。

お世話係・イツ花との挨拶もそこそこに、まずは初代当主の顔をチェック。


……実は、この顔が出るまでに20回くらいやり直しました。
キャラクターの顔は初代当主もこれから生まれてくる子供達もランダムで決まります。
本来ならこだわることではないと思うんですが、どうしても「櫻井葉月」の名前で自分がイメージする顔に近付けたかったんです。
というわけでこれが、当主の葉月です。

そしてこちらが葉月の最初の子。

綾(あや)です。
まだパラメータは葉月に及びませんが、これからどんどん成長して追い抜いていってくれることを期待しています。

本当はこの後ダンジョン攻略もしたかったのですが、当主の顔決めで何回もやり直していて力尽きてしまったので、本格的な攻略は次回で。

次でいろいろ更新できるよう、頑張りたいと思います。