ワールド・ネバーランド〜ナルル王国物語〜:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

ワールド・ネバーランド〜ナルル王国物語〜:感想

ワールドネバーランドは、ゲーム上の世界で一人の住人として生活していくシミュレーションゲームです。

自分の分身となる主人公=PCは本当に普通の人なので、ゲーム内での生活もごく普通のものです。
ゲーム開始後、施設などの説明が一通り終わると、あとは好きに生活してね!という感じになります。
真面目に働いて稼ぐもよし、腕を磨いて剣術大会のトップを目指すもよし、友人や恋人を作るもよし。
ゲーム側から提示される目標などはなく、本当に自由に生活出来ます。
明確なエンディングもないので、望む限りずっとゲームを続けられます。

ただ、だらだらとプレイするよりも自分なりの目標や区切りを決めた方がいいと思ったので、私は「NPC(自分以外の住人)と結婚し、子供が生まれるまで」を一つの区切りとしました。
順調に進め、4年目で目標を達成。
仕事もきっちりこなして3年目にローク・エルグの長にもなれたので、満足です。

基本は作業ゲーで急かされることもないので、のんびりプレイするのにいいゲームでした。
一旦攻略終了ということでペースは落ちますが、DLCの配信もまだあるようですし、今後も細々と続けていこうと思います。