FF4CC:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

FF4CC:感想

FF4CCクリア後の感想です。

以下ネタバレあり。


FINAL FANTASY IV Complete Collection(以下FF4CC)は、リメイク版FFIVと、携帯アプリとして配信されていたFFIVの続編「ジ アフターイヤーズ」、そしてその二つの物語をつなぐショートストーリー「インタールード」がセットになった、FFIVを遊びつくすための、まさにコンプリートなソフトです。

正直FFIVのリメイクだけなら買わなかったと思います(PS版もDS版も持っているので)。
でも今回は続編も収録されているということで、迷わず購入しました。

続編はもちろん本編も、オートにすると戦闘速度が上がるので時間が大幅に短縮出来たり、BGMをオリジナル版とアレンジ版から選べたり(メニューを開ける場所ならいつでも変更可能)、快適なアレンジがされていて、とてもプレイしやすかったです。

グラフィックは2Dとはいえ、ドット特有のギザギザ感がなくなめらかに描かれているのでFFらしさは少し薄れたかななんて思っていたんですが、プレイし始めたらまったく気にならなかったです。

ストーリーでは、ジアフターイヤーズで本編のキャラクター達のその後が見られて嬉しかったです。
中でも一番良かったのはゴルベーザの活躍ですね。
本編で償いきれない罪を背負い、セシルと兄弟だとわかった後も兄弟らしいやり取りもないまま去っていったゴルベーザが、今回はセシルと共に蒼き星を救うんですよ……これはかなり嬉しかったです。


最後に、プレイ時間の記録など。

まずはFFIV本編。
230.jpg
レベル上げにかなり時間を費やしたと思うんですが、前述の通りオート戦闘のおかげで戦闘にかかる時間が普通の半分くらいになったので、約19時間でクリアしました。
サクサクプレイ出来て良かったです。

次にインタールード。
231.jpg
話としては短いですがダンジョン攻略もそれなりに本格的なので、プレイ時間は1時間半になりました。

最後にジアフターイヤーズ。
232.jpg
これは最終章の記録で、プレイ時間は15時間半。
このほか9つのシナリオがあり、各シナリオ毎に2時間はプレイしていたので、全体としては30時間以上ですね。
結構ボリュームがありました。


今回のリメイクはFFIVリメイク史上最高だと思うので、今後またFFIVをプレイしたくなった時にはこのFF4CCをプレイしたいと思います!