DdFF:序盤の感想2 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

DdFF:序盤の感想2

昨日の記事の後ストーリーモードを少し進めてみました。


進めてみて、いろいろ思ったことを簡単にまとめてみました。

・ワールドマップと、ひずみ
ワールドマップ上には「ひずみ」と呼ばれる、異空間への入り口があります。
ひずみの中は、前作と同じ、チェス盤のようなマップです。
このひずみは、刻印を壊すかボスを倒すまでは出入り自由。
戦闘で減ったHPもワールドマップに出れば回復するので、ピンチになったら迷わず脱出。
一度外に出ると倒したバトルピースも復活してしまうんですが、その分レベル上げが出来るので、いいかなと……
実際クジャに全く勝てなかった時、何度かひずみに出入りしてレベル上げをしたら楽に勝てましたし。
何よりワールドマップがあることで、冒険してるなあと感じられていいと思います。

・KP
前回はマップで行動するためにDPと呼ばれるポイントを消費していましたが、今回は行動に応じてKPというポイントが得られます。
これによって、難易度が少し下がったように思います。
前回はDPをなるべく多く残してより良いボーナスアイテムをもらうために、どのバトルピースと戦ってどの宝箱を取るかで結構悩んでプレイしていましたが、今回は楽です。
宝箱も遠慮なく取れます。

・モーグリショップ

プレイ開始直後のチュートリアルに登場したモーグリに、CHAPTER1の途中で再会することが出来ました。しかも二匹いました。
やっぱり可愛い!
このモーグリ達はショップをやっていて、ひずみで貯めたKPと引き換えにアイテムを売ってくれます。
ここでわかったんですが、KPは「クポ」と読むらしいです。
KPは「コスモスポイント」の意味だと勝手に思っていたので、ちょっと衝撃的でした(笑)
まだポイントが少なくてあまり買い物が出来なかったので、ひずみ攻略を頑張ろうと思います。