パタポン:感想 | Zwei Mond

案内

当ブログは、ゲームのプレイ状況や感想、好きなものについて気ままに記録しているブログです。

目次

月別アーカイブ

カテゴリー別リスト

パタポン:感想

ここ一週間ほど、パタポンをプレイしていました。

以下、ネタバレありのクリア後感想です。


このゲーム、プレイ前は普通の音ゲーだと思っていました。
実際プレイしてみると、横スクロールリズムアクション+シミュレーション、という感じ。

プレイヤーは神となり、パタポンと呼ばれる戦闘民族をリズムで指揮して敵と戦っていくわけですが、このリズムがクセになります。
リズムは□(パタ)○(ポン)×(ドン)△(チャカ)の4つのボタンの組み合わせになっていて、進軍コマンドの「□□□○(パタパタパタポン)」がすごく耳に残ります。
BGMが民族音楽っぽくて、乗ってくるとパタポン達が歌い出すのも楽しいです。

面クリア型ですが、すぐに新しいステージに挑んでも勝てない場合が多く、過去のステージでアイテムを集めたり、軍を強化したりしないといけません。

ボス戦は敵の攻撃パターンを覚えて、攻守のバランスを取れるようになるまでが難しかったです。
特にラスボスは何度も何度も失敗しました。

ラスボス「ゴルル」に挑んだパタポン達。
208.jpg
たてポン×6、めがポン×2、ゆみポン×6。
ゴルルの頭側はパタポンをキャップごと消滅させてしまう即死攻撃をしてきますが、フィーバー状態のたてポンの防御体勢なら回避できるので、頭側の時は防御しつつめがポンとゆみポンで攻撃。
尻尾側の時は突進は緊急回避で逃げ、あとはひたすら攻撃。
そんな感じで倒しました。

210.jpg
エンディングまで18時間42分。思ったより長く遊べました。

エンディング後もパタポン達を鍛えたりアイテムを集めたり、いろいろ極めることが出来ます。
ここでの成果は次回作に引き継げるようです。

今回、パタポン達が最後に船を作っていましたし、次回は海のステージもあるんでしょうか。
楽しかったので、2作目もやってみたいです。